保育園への検診

2017.06.06 / 未分類 / Author: admin

こんにちは。

毎年恒例になっている保育園への検診。

本日6日(火)の午前中を休診にさせて頂き、行って参りました。

 

まずは小さいお子様たちのクラスから。

泣いちゃうよねぇ~、やっぱり泣くよねぇ~。

一人が泣くと連鎖反応でみんな泣いちゃいます。

お口を開けてくれない子、泣きながらお口を開けて、

検診が終わった途端、「お~ば~け~crying」と言いながら去っていく子(笑)

「マ~マ~crying」と助けを求める子(笑)

本当にお子様って面白いです。

 

 

少し大きな子たちのクラスになると、

お利口さんに大きなお口を開けてくれました。

ただ大きくなると、美味しい物(甘い物)をたくさん食べているせいか、

虫歯が多く、歯垢がたっぷりと付いているお子様もいらっしゃいました。

 

上の前歯の歯と歯の間が虫歯になりやすく、

デンタルフロスはしないと虫歯になってしまいますね。

 

 

 

そして衛生士によるハミガキ指導です。

大きな顎模型を使い、お子様たちにご自身の歯ブラシを持ってきてもらい、

みんなで一緒にハミガキ指導です。

今年は衛生士が手作りのお菓子のワッペン!を体に貼り、

視覚的にも分かりやすく指導をしました。

これ全部、衛生士のアイデアです!すばらしい!

お陰でみんな一生懸命に聞き入っていて、

かなり「つかみはOK!」という感じでした。

 

 

そして、紙芝居タイム!

横浜市歯科医師会から紙芝居をお借りしてきた紙芝居を読みます。

今年はリスの歯医者さんのお話し。

前の日の夜に何回か練習してみたのですが、

この話、落ちがない!coldsweats01

威張っている狼さんがリス先生に歯を治してもらう・・・。

という内容ですが、”だからどうした?” って感じで、

どこをどうやって盛り上げていいのか分からない内容のお話しで、

お子様たちの頭の上に ?マークが浮かんでいるのが見えるようでした。

うーん、来年からは内容を見極めてお借りしてこよう!と思いました。

 

そしてすべて終わり帰ろうとしたところ、

院長が子供まみれになっているではありませんか!

院長の周りに子供がたくさん集まって、何かを熱望されている感じです(笑)

しかも何だか嬉しそう!

どうやら大きな歯ブラシで顎模型を磨きたいらしい!heart01

「次は僕、次は私!」の状態で、院長は人気者のようでした。

どさくさに紛れて、「抱っこしてheart04happy01

という子もいたようで、後から聞いた話ですが、抱っこしたら腰が痛くなったようです(笑)。

慣れないことをするからいけない・・・sad

 

というわけで、今年も楽しい検診でした。

保育園の皆さま、どうもありがとうございました。

では、また・・・。

 

« | »