明日の保育園検診

2012.06.07 / 未分類 / Author:

こんにちは。sun

明日は午前中を休診とさせて頂き、にじいろ保育園へ検診へ行って参ります。

その検診で毎年やっている紙芝居。今年も横浜市歯科医師会よりお借りして参りました。

別にやらくても良いのですが、

検診マニュアルには模型を使ってのハミガキ指導と一緒に書いてあるので、やります。

何種類かあるのですが、去年と同じではつまらないし、きっと園児は覚えているかもしれないし・・・・、と、いろいろ考えて今年はこれをチョイスしてきました。

いつもは強そうなおまわりさんdogでも、歯の痛みには弱いんだよ!だから、痛くなる前に歯医者に行こうね!的な内容です。

やるからには真剣にやりたいので昨夜、スタッフの間宮と練習しました。

そして今、また私は何度も練習しました。

検診がメインですが、私には紙芝居がメインです(笑)。

紙芝居ってセリフが全部ひらがなで書いてあるのですね。

大人は正直、読みずらいsweat01

これって大人が読み聞かせる為のものだから、何も全部ひらがなじゃなくても良いのに・・・・・と思ったりもします。

と言うわけで、明日頑張ります!

では、また・・・。

 

歯周病であるということ

2012.06.07 / 未分類 / Author:

当医院は歯周病治療には自信があります!

ドクターズファイル の取材でも院長が話しておりますが、インプラントと歯周病治療が専門です。

当院で歯周病の治療(麻酔をして歯と歯肉の間に入り込んだ歯石取り)が一通り終えた患者様には、その後メンテナンスとしてレーザー治療をすることをおすすめしています。

その方によって間隔はまちまちですが、例えば4ヶ月に一度ご来院頂き、機械による歯のお掃除。そして歯と歯肉の間にレーザーをあて、また機械で歯の表面を磨き上げ、仕上げはフッ素をお塗りする。という工程です。

しかし皆さん誤解されているのが、“麻酔をして歯と歯肉の間の歯石取りをすれば歯周病は完治する!”、と思い込んでいる方がほとんどですが、歯周病の症状は出なくなりますが、完治はしません。

高血圧や糖尿病と同じように、口腔内の細菌の数をコントロールし続けなければ良い状態は保てないのが「歯周病」というものです。

私の様に毎食後、電動歯ブラシ(約5分) → 歯間ブラシ → タングクリーナー → デンタルフロス → 洗口剤を使って、徹底的にセルフケアをしていれば歯周病とは無縁ですし、機械による歯の掃除も1年くらいに一回でも良いと思います。

ですが、毎食後その工程をされている方はあまりいらっしゃらないと思います。

ですので、ご自分でのケアが不十分であるならば、歯科医院での機械的清掃は免れないものだと思っています。

ですが、症状もないのに定期的にレーザー治療をするメリットを感じてらっしゃる方はきちんとご来院下さいますが、何らかの理由により通えなくなってしまうか方のほとんどは、1年から2年くらい期間があいた後、「歯肉が腫れて痛い」とか「噛むと痛い」などの主訴で急患でやってらっしゃいます。

私たちはそうなる前に手を打ちたいのです。

私たちはプロですので、その方のお口の中の環境を見れば、1・2年いらっしゃらなくなればどうなるかというようなことは分かります。想像できます。

クラウンやブリッジが入っている方は、天然歯とは違いますので同じようにハミガキをしても歯垢は付きやすいです。

パタリとご来院がなくなってその時は歯周病の症状は出ないでしょう。

ですが再度症状が出た時は、初診でご来院頂いた時より悪い状態になっていることがほとんどです。

せっかく治療したところが、以前よりも悪くなってる・・・・。

そんな悲しい事はありません。

3歩進んで2歩下がる、どころが、3歩進んで5歩下がっています。

何事にも先手必勝!そうなる前に私たちは患者様の歯を守りたいのです。

ただ、歯周病で歯を失うことを 「年だからしょうがない」とマイナス思考で受け止めている方には何も申しません。別に定期的に通院して頂こうとも思っていません。

少しでも良い状態を保ちたい!80歳を超えても自分の歯で噛みたい!と思っている方には私たちは親身になります。一生懸命、歯を持たせるために頑張ります。

皆様ご自分の健康のこと、今一度お考えになって頂ければと思います。

長々と語ってしまいましたが、要するに「歯周病は定期的なメンテナンス」で良い状態を保てる完治しない病気ですよ!ということが言いたかったのです。

では、また・・・。