歯周病は妊娠成功率に悪影響?

2011.11.05 / 予防歯科 / Author:

以前に、歯周病と全身疾患の深いかかわりという内容の中で、歯周病になると早産の可能性が高くなるというお話をしました。

今日は、「歯周病は妊娠を遅らせる可能性あり」というのをお話しします。

2011年7月、スウェーデンで開催された欧州ヒト生殖学会の会議で、歯周病が妊娠の成功率に悪影響を及ぼす とする研究結果が発表されました。

西オーストラリア大学の研究チームは、西オーストラリア州でアジア系を中心とした妊婦3416人を対象に医学的調査を実施した結果、妊娠までの期間は、

 

  • 健康な歯肉を持つ妊婦 ・・・・・・ 平均5か月
  • 歯周病の妊婦 ・・・・・ 平均7ヶ月

 

だったのだそうです。

歯周病は妊娠を2か月遅らせる可能性が示されたことになりますが、この数字は肥満女性の場合とほぼ同じとのこと。

妊娠が遅れる原因としては、口腔細菌が引き起こす口腔内の炎症が、生殖系の組織に波及効果をもたらすことにあると考えられているそうです。

妊娠をお望みの女性は、まず口腔内の衛生を保つことこそが、妊娠への第一歩!のような気が致します。

 

 

“ぱど”さん、ごめんなさい

2011.11.05 / お知らせ / Author:

こんにちは。

11月とは思えない程の暖かさですね。信じられませんが今日、院内は冷房をかけていました。

さて、先日お話しした「ご近所ドクター」のFREE冊子ですが、昨日ぱどさんから大量に送られてきました。

「たったの3冊しか」というのは取り消させて頂きます。ぱどさんごめんなさい。sad

スリッパ棚の上に置いてたくさん置きましたので、どうぞ皆様FREEですので、お持ち帰り下さい。